LARUTANボトルウォーマーの口コミレビュー!スチームや急速加熱の使い方についても

育児グッズ

1台で9つの機能をもつ「LARUTANボトルウォーマー」を実際に使った口コミ感想をレビューします^^


LARUTANボトルウォーマーは1台で

  • ミルク保温
  •  スチーム除菌
  •  離乳食保温
  •  急速解凍
  •  急速加熱

ができる育児便利グッズです♪


タッチパネルで温度調整ができたり、バックライトがあるので夜中の授乳にも使うことができますよ^^


空焚き防止機能や一定時間経過すると自動で電源が切れるので、育児疲れでうっかり電源を切り忘れたり、水を入れ忘れた時にも安心!


そんなLARUTANボトルウォーマーを実際に使ってみて感じたデメリットには、「長時間ミルクを作り置きしておけない」「ミルクの使用期限を考えると2本作り置きできない」「付属のコードが短い」といったものがあります。


その一方で、LARUTANボトルウォーマーを使ってみて感じたメリットには

  • ミルクを事前に作って置ける
  • 自由に保温温度を決められる
  • 哺乳瓶を洗ったらボタン1つで除菌できる
  • ミルクだけでなく離乳食の保温にも使える


といったものがあります^^


LARUTANボトルウォーマーは

  • 赤ちゃんに1秒でも早くミルクをあげたい
  • ミルク作りから授乳までを楽にスムーズにしたい
  • 授乳期から離乳食期までながく使いたい
  • かんたん手軽に哺乳瓶の除菌をしたい


上記のような人におすすめのボトルミルクウォーマーです!


LARUTANボトルウォーマーの口コミレビューやメリットデメリットについては本文で詳しくご紹介しますね♪


赤ちゃんのミルク作りで悩んでいるママは、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!


LARUTANボトルウォーマーはこちら♪
 ミルク作りに最適な70℃にお湯を自動保温!
 調乳のたびにお湯を沸かす必要がないので夜中の授乳もラクラク♪

LARUTANボトルウォーマーを選んだ理由


私がLARUTANボトルウォーマーを選んだ理由は以下の通りです。

  • ミルクを事前に作っておけるので赤ちゃんにあげたい時にすぐあげられる
  • ミルク作りに最適な70℃にお湯を保温しておける
  • 冷凍した母乳や離乳食をすぐに解凍できる
  • ミルクだけでなく離乳食の時まで長く使えるのでコスパがいい
  • 哺乳瓶やおしゃぶりなどの除菌が簡単にすぐできる


赤ちゃんが泣き始めてからミルクを作ると、沸くのが早い電気ケトルを使っても、完成するまでにどうしても5〜6分ほど時間がかかってしまいます。


赤ちゃんが泣くと「早くしないと!」と焦ってしまうし、焦ると手元は狂うしでイライラ…

なお
なお

たかが数分、されど数分…

赤ちゃんが泣いていると

焦るしストレスがたまるよね…


お湯を扱うので、赤ちゃん抱っこしながらだと万が一ヤケドさせたりしたら大変!


そのため赤ちゃんは抱っこせず、声をかけたりしながら泣かせたままににしてしまうこともしばしばでした。


タイミングがあえばすぐにミルクをあげられるのですが、毎回タイミングよくはいかないのでなにか良い方法がないか探していました。


そんなときにLARUTANボトルウォーマーを見つけたんですね!


LARUTANボトルウォーマーは、赤ちゃんにすぐに飲ませられる40℃でミルクを保温しておくことができます。


夜中は一度沸騰させたお湯を70℃で保温しておけば、沸騰したお湯を使うよりも早くミルクを作ることができるので、夜中の授乳も楽になりました!


今となっては毎日LARUTANボトルウォーマーのお世話になっているので、買ってよかった育児グッズの1つとなっていますよ♪


LARUTANボトルウォーマーはこちら♪
 ミルク作りに最適な70℃にお湯を自動保温!
 調乳のたびにお湯を沸かす必要がないので夜中の授乳もラクラク♪

LARUTANボトルウォーマーを実際に使った感想を口コミレビュー


ここではLARUTANボトルウォーマーを実際に使った感想やレビューをお伝えしていきます^^


結論から言うと、LARUTANボトルウォーマーを購入して本当によかったです!!


LARUTANボトルウォーマーは「ミルク作りで本当に必要?楽になるの?」と購入を迷われている人もいるかもしれませんね。


ただ、LARUTANボトルウォーマーは値段以上の価値があると感じたので私は買って大満足しています♪


LARUTANボトルウォーマーを使ってみて感じたメリットと一緒に、デメリットについてもしっかりご紹介しますね!

LARUTANボトルウォーマーを実際に使って感じたデメリット


LARUTANボトルウォーマーを実際に使ってみて感じたデメリットには以下のようなものがあります。

ミルクを長時間作り置きできない


ミルクを長時間保温したままにできれば良いのですが、ミルクは作ってから2時間以内に使用するか、使いきれない場合は破棄する必要があります。


赤ちゃんが起きると思ってミルクを用意したのに、思いのほかぐっすり寝てしまい、ミルクを作ってから2時間以上たってしまった場合、そのミルクを飲ませることはできません。


5〜6時間保温したままのミルクを赤ちゃんに飲ませても良いのなら、夜中の授乳に備えて事前に作っておけますよね。


ただ、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)の呼びかけでも、ミルクを安全に保存できる時間は常温で2時間以内となっています。


★WHO・FAO共同制作:乳児用調整粉乳の安全な調乳、保存および取り扱いに関するガイドライン


常温で放置したミルクは時間と共に雑菌が増殖していくので、赤ちゃんのことを思うならミルクを作ってから2時間以内に使うか、使いきれない場合は破棄するのがおすすめです。


夜中の授乳は、沸騰したお湯をLARUTANボトルウォーマーで70℃に保温しておき、飲ませる際に調乳するか、急速加熱モードを使えば冷蔵庫に入れておいたミルクを温めて飲ませてあげることができますよ^^

ミルクの使用期限を考えると2本作り置きできない



上記の「ミルクを長時間作り置きできない」というデメリットと関係しますが、作ったミルクは2時間以内に使い切らないといけないことを考えると、ミルクを2本作り置くことができません。


ミルクの場合、赤ちゃんの胃腸への負担を考えて3時間以上あけて授乳する必要があります。


そのため、ミルクを2本作ってしまうと2時間以内に使い切ることができないので、ミルクの作り置きは基本的に1本しかできないな、と使っていて感じました。


ただ双子ちゃんや三子ちゃんの場合だと、2本作り置きできるのはとても便利だろうな、と感じました♪

付属のコードが短い


LARUTANボトルウォーマーに付属する電源コードが短いので、ボトルウォーマーを置きたい場所のすぐ近くにコンセントがないと使用することができません。


ちなみに電源コードの長さを測ってみたところ1mでした!



もう少し長ければ使い勝手がいいのに…と感じますが、延長コードを使用すれば近くにコンセントがなくても使うことができますよ^^


LARUTANボトルウォーマーを置きたい場所にコンセントがない場合は、別途延長コードを購入するなどしてみてくださいね!

LARUTANボトルウォーマーを実際に使って感じたメリット


次にLARUTANボトルウォーマーを実際に使ってみて感じたメリットをご紹介しますね!

ミルクを事前に作っておける



LARUTANボトルウォーマーを使って1番良かったことが、ミルクを事前に作っておけるので、赤ちゃんを待たせることなく授乳ができることです!


今までは赤ちゃんが泣きそうになったらお湯を沸かし、熱湯でミルクを作ってから冷まして飲ませていたので時間がかかっていました。


40℃前後に冷ましたいのに、”熱いミルクを飲ませられない!”と冷やしすぎてしまったり、ミルクの温度調整って本当に難しいですよね。


それがLARUTANボトルウォーマーを使うと、事前にミルクを作って40℃前後で保温しておけるので、温度を気にすることなく泣いたらすぐミルクをあげることができます!


赤ちゃんの生活リズムがついてきて、お腹が空きそうな時間帯や、お昼寝からそろそろ起きそうな時間がわかるようになると、泣く前にサッとミルクをあげることができるようになりますよ♪


今までミルク作りで感じていたストレスはいっさいなくなり、その便利さには本当に感動しました!

なお
なお

ミルクを作っている間に赤ちゃんの泣き声を聞いているのは

本当に辛かったからLARUTANボトルウォーマーを買って本当に良かったよ♪



赤ちゃんがお腹を空かせて泣くことが少なくなったので、LARUTANボトルウォーマーを買って本当に良かったと感じましたよ♪

自由に保温温度を決められる



LARUTANボトルウォーマーはミルクを40℃前後に保温しておくだけでなく、お湯をミルク作りに最適な70℃に保温しておくこともできます^^


この機能は本当に便利で、37℃〜90℃の間の好きな温度で保温することができるんですね!


さらに、保温している温度も何度なのかディスプレイを見るとひと目でわかるのも便利ですよ!


離乳食も電子レンジなどで温めると、熱くなりすぎて冷めるまで時間がかかったり、逆に冷やしすぎてしまって再度加熱する、なんてことありますよね。


LARUTANボトルウォーマーを使えば離乳食を適温に保温しておくことができるので、熱すぎて赤ちゃんが泣いてしまったり、逆に冷ましすぎて赤ちゃんが食べてくれなかったり、ということがなく本当に助かっています♪

スチーム除菌ができる


LARUTANボトルウォーマーはスチーム除菌機能がついており、電子レンジや煮沸、つけおき除菌に比べてかんたんに哺乳瓶を除菌することができます。


スチーム除菌は、水を入れて「スチーム」ボタンを押すだけで、気づいた時には除菌が終わっているんです!


電子レンジや煮沸除菌は手間がかかりますし、つけおき除菌は薬剤が高いですよね。


LARUTANボトルウォーマーが1台あれば、かんたんに除菌できるだけでなくコスパも良いですし、哺乳瓶をつけおきしておく場所も必要なし


スチーム除菌をメインに使っている人もいるほど、LARUTANボトルウォーマーのスチーム除菌は手軽で便利な機能ですよ♪

急速解凍機能がある


LARUTANボトルウォーマーは急速解凍機能があるので、冷凍した母乳や離乳食をすぐに溶かすことができます!


冷凍した母乳を使いたいと思ったタイミングで使えなかったり、逆に冷凍した母乳を使うと思って解凍したのに使わずに破棄した、なんてことありますよね。


LARUTANボトルウォーマーの急速解凍機能を使えば、冷凍母乳を使いたいと思ったタイミングで解凍して適温の状態で赤ちゃんにあげることができるので本当に便利!


冷凍した離乳食も解凍して適温で保温することができるので、授乳期から離乳食期まで長く使えるのもコスパが良いと感じました♪


ただ、冷凍母乳を急速加熱すると母乳の栄養素が壊れてしまうので、気になる方は「ミルク保温」モードで解凍してみてくださいね^^

急速加熱機能がある


LARUTANボトルウォーマーには急速解凍機能だけでなく、急速加熱機能もついています!


ミルクを作って40℃で保温していても、2時間以内に使えなければ破棄する必要があります。


しかし、ミルクを作ってすぐに冷蔵庫(5℃以下)に入れておけば、作ってから24時間以内のミルクは飲ませることができます。

  • 常温保存のミルク → 2時間以内に使用。2時間を超える場合は破棄。
  • 冷蔵庫(5℃以下)で保存したミルク → 24時間以内に使用。24時間を超える場合は破棄


ただ、冷蔵庫に入れておくとミルクが冷えてしまっていて、湯せんで温めるのにも時間がかかりますよね。


そんな時にLARUTANボトルウォーマーの急速加熱機能を使えば、すぐにミルクが適温になるので時短になるんですね!


LARUTANボトルウォーマーの保温機能と急速加熱機能をうまく使い分けると、ミルクをむだにしないで赤ちゃんのお腹も満たしてあげることができますよ♪


LARUTANボトルウォーマーはミルク作りだけでなく離乳食や除菌にも使えるので、コスパがいい育児グッズが欲しい人におすすめですよ!



LARUTANボトルウォーマーはこちら♪
 ミルク作りに最適な70℃にお湯を自動保温!
 調乳のたびにお湯を沸かす必要がないので夜中の授乳もラクラク♪

LARUTANボトルウォーマーの使い方は?

LARUTANボトルウォーマーの使い方は、シンプルで使いやすくとっても簡単です♪


以下でLARUTANボトルウォーマーの使い方をご紹介しますね!

LARUTANボトルウォーマーの使い方
  1. 水をラックの水平線、最大給水メモリまでいれる。
  2. 電源コードをLARUTANボトルウォーマーとコンセントに差し込む。
  3. 電源ボタンを押す。
  4. 使用したいモードのボタンを押す。
  5. 使用後は電源ボタンを押して電源をオフにする。


以下で、LARUTANボトルウォーマーのモードの使い方も詳しくご紹介しますね^^

ミルク保温の使い方


ミルク保温は、作ったミルクを好きな温度に保温してくれるLARUTANボトルウォーマーのメイン機能です♪


まずはLARUTANボトルウォーマーを水平なところに置き、ラックの最大給水メモリまで水を入れます。


作ったミルクをラックの中に置いてカバーを閉めたら、電源ボタンを押して「ミルク保温」ボタンを押します。


あとはタッチパネルの温度設定バーで保温温度を調節すると、3秒後からミルクの保温を開始してくれます^^


ミルク保温は37℃〜60℃の間で、1℃単位で自由に保温温度を設定することができるので、設定温度範囲内の好きな温度でミルクを保温しましょう♪


温度設定バーの上に指をおいて左右に指をスワイプさせると、好きな保温温度に設定することができますよ!


ミルク保温モードは連続で24時間保温し続けると自動で電源が切れるようになっているので、電源を消し忘れた場合も安心ですね。


「ミルク保温」は凍ったミルクにも使うことができるので、今まで冷えたミルクの温度調整が難しいと感じていた方にもおすすめな便利機能ですよ♪

離乳食保温の使い方


離乳食保温の使い方もミルク保温と同じくとってもかんたんです!


ミルク保温と同じようにLARUTANボトルウォーマーを水平なところに置き、ラックの最大給水メモリまで水を入れます。


離乳食が入った哺乳瓶、または耐熱ビンなどをラックの中に置いてカバーを閉めたら、電源ボタンを押して「離乳食保温」ボタンを押します。


あとはタッチパネルの温度設定バーで保温温度を調節すると、3秒後から離乳食の保温を開始してくれます♪


離乳食保温は60℃〜90℃の間で、1℃単位で保温温度を設定することができるので、温度設定バーで好きな保温温度に設定しましょう。


離乳食保温は連続で6時間保温し続けると電源が切れるようになっています。


カップタイプのレトルトやパウチタイプの離乳食も保温することができるので、使い勝手が良くとても便利な機能ですよ♪


ミルク作りのためのお湯を保温しておく場合は、離乳食ボタンを押して70℃以上で保温してみてくださいね!

急速加熱の使い方


急速加熱は、冷たいミルクをすぐに暖かくしてくれる便利な機能です!


急速加熱の使い方もとってもかんたんで、「急速加熱」ボタンを押すとミルクの量に応じて適温にしてくれます。


まずは、LARUTANボトルウォーマーを水平なところに置き、ラックの最大給水メモリまで水を入れます。


ミルクが入った哺乳瓶を入れて、しっかりカバーをしめてから電源を入れます。


ミルクの量に応じて加熱時間が変わるので、60〜120ml、120〜180ml、180〜250mlの3種類の中から「急速加熱」ボタンを数回押すことでモードを選びます。


モードを選ぶと3秒後に加熱を開始しして、ディスプレイにはミルクの保温時間を表示してくれますよ^^


4〜10分ほどで加熱が終わると電源が自動的にきれますが、保温時間は表示され続けるので「保温してからどれくらいたったっけ?」と忘れてしまっても大丈夫ですよ。


「急速加熱」は凍ったミルクにも使うことができるので、湯煎などで時間をかけて解凍している方は便利に感じること間違いなしな機能ですよ♪

スチーム除菌の使い方


スチーム除菌は「スチーム」ボタンを押すと、自動的に除菌を開始してくれるので便利でやり方も本当にかんたん!


まずはLARUTANボトルウォーマーを水平なところに置き、水を50〜70ml入れます


飲み口が上になるようにして洗った哺乳瓶をセットし、空いているスペースにはずした哺乳瓶のフタや乳首を入れて、しっかりカバーをします。


あとは電源を入れてから「スチーム」ボタンを押して、終わるのを待つだけ!


スチーム除菌は12〜20分ほどで終わると自動的に止まるので、除菌したいものをセットしてスチームボタンを押したら、あとはほったらかしでOK♪


除菌後すぐは高温になっているので、中身を取り出す際はヤケドなどに十分注意してくださいね!


スチーム除菌は、毎日子育てや家事に忙しいママにはとっても嬉しい便利な機能ですよ^^


LARUTANボトルウォーマーはこちら♪
 ミルク作りに最適な70℃にお湯を自動保温!
 調乳のたびにお湯を沸かす必要がないので夜中の授乳もラクラク♪

LARUTANボトルウォーマーに対応している哺乳瓶は?


ミルク作りのお助け役のLARUTANボトルウォーマーですが、持っている哺乳瓶がLARUTANボトルウォーマーに対応しているか、事前にしっかりと確認しておきましょう!


LARUTANボトルウォーマーを購入しても、持っている哺乳瓶が対応していなかった、なんてことになったら残念ですよね。


LARUTANボトルウォーマーに対応している哺乳瓶は以下のものになりますよ^^

商品(メーカー)サイズ(ml)商品タイプ
pigeon / ピジョン(pigeon)80・160 ・240母乳実感耐熱ガラス製
pigeon / ピジョン(pigeon)80・160 ・240母乳実感プラスチック製
pigeon / ピジョン(pigeon)160my Precious・広口タイプ
pigeon / ピジョン(pigeon)200スリムタイプ
NUK / ヌーク(ダッドウェイ)150・260哺乳瓶
Beanstalk / ビーンスターク(大塚製薬)150ガラススリム・広口タイプ
ChuChu / チュチュ(Jex)150ガラススリム・広口タイプ
Betta / ドクターベッタ(ズームティー)80・260哺乳瓶
Combi teteo / コンビ テテオ(Combi)160テテオ哺乳瓶
レック アンパンマン(LEC)160スタンダードタイプ・広口タイプ
Richell / リッチェル(Richell)160・240ミルクボトル
Boo Boo(マグクルーズ)240マジックベイビ
Calma/カーム(Medela)50哺乳瓶
pigeon / ピジョン(pigeon )240広口タイプ・スリムタイプ
pigeon / ピジョン(pigeon )330哺乳瓶
NUK / ヌーク(ダッドウェイ)250・300スリムタイプ
Beanstalk / ビーンスターク(大塚製薬)240ガラススリム・広口ボトル
ChuChu / チュチュ(Jex)240スリムタイプ・広口タイプ
Combi teteo / コンビ テテオ(Combi240テテオ哺乳瓶
レック アンパンマン(LEC)240スタンダードタイプ・広口タイプ
Calma/カーム(Medela)250哺乳瓶
Betta / ドクターベッタ(ズームティー)240哺乳瓶


  • 緑色の文字の哺乳瓶は、蓋カバーの上部を閉めたままミルク保温、哺乳瓶の飲み口と蓋を外してスチーム可能
  • 水色の文字の哺乳瓶は、蓋カバーの上部を開けてミルク保温可能、哺乳瓶の飲み口と蓋を外してスチーム可能
  • 赤色の文字の哺乳瓶は、蓋カバーの上部を開けてミルク保温可能、哺乳瓶の飲み口と蓋を外してもスチーム不可


LARUTANボトルウォーマーは幅広いメーカーの哺乳瓶に対応しているのも、使い勝手がよく嬉しいですね!


LARUTANボトルウォーマーはこちら♪
 ミルク作りに最適な70℃にお湯を自動的保温!
 調乳のたびにお湯を沸かす必要がないので夜中の授乳もラクラク♪

LARUTANボトルウォーマーのスペック


LARUTANボトルウォーマーのスペックは以下の通りです。


LARUTANボトルウォーマーの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

LARUTANボトルウォーマー
画像
※クリックすると楽天市場へ飛びます
商品サイズ幅約20cmx奥行き約14cmx高さ約14.5cm(カバーなし)/約21.5cm(カバー使用時) 
重量約0.89kg
仕様100V
機能ミルク保温
急速解凍
離乳食保温
タッチパネル
急速加熱
スチーム除菌
空焚き防止
自動停止
バックライト
付属品クイックスタートガイド(1枚) / 説明書(冊子) / 電源ケーブル (本体から取り外せます)
/ LARUTANボトルウォーマー本体 PSE認証(経済産業省届出済)



LARUTANボトルウォーマーはこちら♪
 ミルク作りに最適な70℃にお湯を自動保温!
 調乳のたびにお湯を沸かす必要がないので夜中の授乳もラクラク♪

LARUTANボトルウォーマーの口コミレビュー!スチームや急速加熱の使い方についても まとめ


今回はLARUTANボトルウォーマーの口コミレビューと、スチームや急速加熱の使い方についてもご紹介しました。


LARUTANボトルウォーマー「長時間ミルクを作り置きしておけない」「ミルクの使用期限を考えると2本作り置きできない」「付属のコードが短い」というデメリットがある一方、

  • ミルクを事前に作って置ける
  • 自由に保温温度を決められる
  • 哺乳瓶を洗ったらボタン1つで除菌できる
  • 急速解凍・急速加熱機能がさまざまな用途に使えて便利
  • ミルクだけでなく離乳食の保温にも使える

というメリットがありました!


LARUTANボトルウォーマーはミルク作りが楽になるだけでなく、除菌や離乳食の時期まで長く使えるのでコストパフォーマンス抜群の育児グッズです♪


育児を少しでも楽にしたいという人はLARUTANボトルウォーマーを使ってみてはいかがでしょうか^^

この記事がLARUTANボトルウォーマーを購入しようか悩んでいる人の参考になれば幸いです♪


LARUTANボトルウォーマーはこちら♪
 ミルク作りに最適な70℃にお湯を自動保温!
 調乳のたびにお湯を沸かす必要がないので夜中の授乳もラクラク♪

タイトルとURLをコピーしました