当サイトはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いを比較!どっちがおすすめ?

育児グッズ

サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いを比較して、まとめてみました!


サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いは以下の6つでした。

  • 一瞬で調節可能なベルトにリニューアル!
  • リクライニングが4段階にリニューアル!
  • ヘッドクッションが新素材に進化!
  • カラーラインナップも新たに1つ追加!
  • 重量が5.8kgから5.9kgへ
  • 価格の違い


どちらのベビーカーも走行性や折りたたみ方、両対面式シートであるところは同じになります。

大きく違うのはワンプルハーネス機能が搭載されたこと、ヘッドクッションやリクライニング機能、カラーバリエーションが新しくなったことです。

詳しくは本文でお伝えしますね^^


この記事では、サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いを徹底比較するほか、共通の機能や特徴についても詳しくご紹介していきます!

また、”どっちのベビーカーがどのような方におすすめなのか”ということについてもわかりやすくお伝えしているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪


▼新たな機能を搭載して2023年2月にリニューアル発売!
走行性と機能性に優れたサイベックスメリオの最新モデルはこちら!


▼サイベックスメリオ2022は製造終了につき在庫限り!
お目当てのカラーがあるなら早めのチェックがおすすめ

サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いを徹底比較!


サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いは以下の6つでした。

  • 一瞬で調節可能なベルトにリニューアル!
  • リクライニングが4段階にリニューアル!
  • ヘッドクッションが新素材に進化!
  • カラーラインナップも新たに1つ追加!
  • 重量が5.8kgから5.9kgへ
  • 価格の違い


サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いについて詳しくまとめましたので、以下でご紹介しますね♪

一瞬で調節可能なベルトにリニューアル!


サイベックスメリオ2023は、ベルトのサイズ調節が一瞬でできる”ワンプルハーネス機能”が搭載されました!

※画像をクリックすると楽天市場で詳細を確認できます


旧モデルでは片方ずつベルト調節をしなければならないので、”モタモタしていると赤ちゃんが動いたり嫌がったりしてベルトがうまくつけられない!”なんてことがありました。

なおうさ
なおうさ

ベルト調節って地味に面倒だし、赤ちゃんがグズりだすとついイライラしちゃう…!

メリオ2023は、ストラップをひっぱるだけでカンタンにベルト調節ができるようになったので、お子さんを手軽にベビーカーに乗せられるようになりました!

なおうさ
なおうさ

両方のベルトを一緒に調節できるから、片方きつくて片方ゆるいなんて心配もないよ♪

ゆるめるときもボタンを押しながら肩ベルトを手前に引くだけなので、つける時もはずす時もとにかく楽チン!

”動いてうまく装着できない!””時間がかかるとグズグズしちゃう…”といったお悩みも、メリオ2023なら解決できますよ♪

リクライニングが4段階にリニューアル!

旧モデルは3段階のリクライニング機能でしたが、最新モデルのメリオ2023は4段階のリクライニングにリニューアルされました!

サイベックスメリオ2023
サイベックスメリオ2022
4段階
(107度/123度/139度/166度)
3段階
(107度/139度/166度)
引用元:サイベックス公式サイト


どちらもフラットな状態から、しっかり起こして座れるリクライニングですが、メリオ2023は間にもう1段階追加されたので、お子さんに合わせてより細かく角度調節ができるようになりましたよ♪

なおうさ
なおうさ

お尻がずり落ちてきたりせず快適に乗れるね♪

追加された123度はゆるやかなポジションなので、ご飯を食べたあとや長時間の移動などに利用するといいかもしれません^^

より選択肢の多いリクライニングは、お子さんの成長や変化に対応できるだけでなく、乗り心地の良さをアップしてくれる嬉しい機能ですね♪


▼サイベックスメリオ2023はこちら♪
簡単にベルト調節ができる新機能搭載!
より使いやすく快適に乗れる最新モデル!


▼サイベックスメリオ2022はこちら♪
製造終了につき在庫限り!
今なら15%OFFでおトクにGETできる♪

ヘッドクッションが新素材に進化!

サイベックスメリオ2023には、新しい素材を使用した”超衝撃吸収ヘッドクッション”が搭載されました!

引用元:サイベックス公式サイト


超衝撃吸収ヘッドクッションの素材には、安全性の高さが評価されているサイベックスチャイルドシートの分野で開発された”特殊衝撃吸収フォーム”が採用されています。

そのため、ヘッドクッションが段差や凸凹道による振動や衝撃をしっかり吸収し、お子さんの頭をやさしく守ってくれます^^

ヘッドクッションでしっかり頭をホールドすることで首が安定し、赤ちゃんの頭部がグラグラしないので、安心して段差や凸凹道でも走ることができますよ♪

カラーラインナップも新たに1つ追加!

サイベックスメリオ2023と旧モデルのカラーラインナップは以下のとおりです!

サイベックスメリオ2023サイベックスメリオ2022

6

5
※画像をクリックすると楽天市場で詳細が確認できます


メリオ2023には、限定カラーだった”コットンホワイト”が新たに追加され、カラーラインナップが6色になりました!

なおうさ
なおうさ

限定カラーで大人気のコットンホワイトが選べるなんてうれしい♪

今までシックなカラーが多く、明るいカラーが少なめだったサイベックスメリオですが、コットンホワイトが追加されたことで華やかなカラーラインナップになりましたね♪

重量が5.8kgから5.9kgへ

引用元:サイベックス公式サイト

サイベックスメリオは「持って軽い」「押して軽い」「ずっと軽い」の3つの軽さに特化したのベビーカーです。

メリオ2023は旧モデルに比べて100g重い5.9kgですが、使用にあたって大きな違いを感じるほどの差ではありませんね。

また、他のサイベックスシリーズと比較してもメリオが最軽量であることには変わりありません^^

ただ、”少しでも軽いベビーカーがいい!”という場合は、旧モデルを選ばれるといいかもしれませんね!

サイベックスメリオ2023と旧モデルのスペックの違い

最後にサイベックスメリオ2023と旧モデルのスペックの違いがわかりやすいように、表にして比較してみました♪

サイベックスメリオ2023サイベックスメリオ2022
参考年齢生後1ヶ月~3歳頃まで生後1ヶ月~3歳頃まで
適応体重15㎏まで15㎏まで
サイズ(走行時)奥行82-91×幅49×高さ96.5-107(㎝)奥行82-91×幅49×高さ96.5-107(㎝)
サイズ(自立収納時)奥行54×幅49×高さ69(㎝)奥行54×幅49×高さ69(㎝)
販売価格73,700円(税込)71,500円 ⇒ 60,775円(税込)


ご覧いただくとわかるように、使用期間や適応体重、サイズはまったく同じになります。

そのため、メリオ2023と旧モデルの大きな違いは機能面やカラーバリエーションで、スペック自体に違いはありません


販売価格を見てみると、メリオ2022は旧モデルということもあり、15%OFFの60,775円(税込)で販売されています。

もし、販売価格が安い旧モデルが気になっているようであれば、製造終了につき在庫限りなので、無くなってしまう前に早めにGETしましょう!

なおうさ
なおうさ

旧モデルの人気カラーは売り切れの店舗も増えてきているよ!

お目当てのカラーがある場合は急いでね!

メリオ2023は旧モデルの割引前の価格よりも2,200円高くなっていますが、

  • ワンプルハーネス機能が搭載されたこと
  • リクライニングが4段階にアップされたこと
  • よりしっかりしたヘッドクッションが採用されたこと

など便利な最新機能加わったことが価格差の理由です。

2,200円の差でこれだけ便利な機能がついているのはうれしいですよね^^



ここまでメリオ2023と旧モデルの気になる違いについて見てきましたので、次はどちらのベビーカーがどんな方におすすめなのか見ていきましょう^^

★以下の記事ではサイベックスメリオ2023ミオスの違いや、メリオカーボンアルミの違いを比較してまとめてありますので、あわせて参考にして見てくださいね!
サイベックスメリオとミオスの違いを徹底比較!どっちがおすすめ?
サイベックスメリオカーボンとアルミの違いを徹底比較!どっちがおすすめ?


▼サイベックスメリオ2023はこちら♪
さらに使いやすく便利になったメリオの最新モデル!
豊富なカラーラインナップで好みの1台を♪


▼サイベックスメリオ2022はこちら♪
サイベックス史上最軽量ベビーカー!
在庫限りなので早めにチェック!

サイベックスメリオ2023と旧モデルはどっちがおすすめ?

ここまでサイベックスメリオ2023と旧モデルの違いをお伝えしてきましたが、結局のところどちらがおすすめのベビーカーなのか気になりますよね。

そこでサイベックスメリオ2023と旧モデルは、それぞれどんな方におすすめなのかまとめてみました♪

サイベックスメリオ2023がおすすめな人

引用元:楽天市場

サイベックスメリオ2023は、以下のような方におすすめですよ♪

  • 今まで限定カラーだったコットンホワイトが欲しい
  • ベルト調節を手軽にしたい
  • 4段階のリクライニングポジションに魅力を感じる
  • お子さんの頭にかかる走行時の衝撃や振動を少しでも和らげたい


サイベックスメリオ2023には、ベルト調節が簡単にできるワンプルハーネス4段階のリクライニング機能など、旧モデルにはない便利な機能が搭載されています!

さらに、走行時の衝撃や振動を吸収してくれる超衝撃吸収ヘッドクッションがついているので、お子さんもママさんも快適に安心して過ごすことができます^^

旧モデルより100g重たいものの、5.9㎏と軽くコンパクトに折りたたむことができるので、ちょっとしたスペースに収納でき、持ち運びもらくらくできますよ♪


少しでも機能性豊富なベビーカーが欲しいなら、メリオ2023がおすすめですよ^^

★サイベックスメリオ2023を実際に使用した口コミメリット・デメリットについてはこちらの記事にまとめていますので、あわせて参考にして見てくださいね!
サイベックスメリオ2023の口コミレビュー!デメリットや後悔はある?


▼走行性・機能性抜群で長く使える!
2023年2月に発売されたメリオ最新モデルはこちら♪

旧モデルがおすすめな人

引用元:楽天市場

一方、旧モデルのメリオ2022は以下のような方におすすめです♪

  • 最新モデルにこだわりはない
  • 価格をできるだけおさえたい
  • 少しでも軽いベビーカーが欲しい


旧モデルのメリオ2022は、最新モデルとは対象年齢やサイズに違いはありません。

SNSでも安定した人気があって走行性も抜群なので、最新モデルの機能性にこだわらない場合は旧モデルのメリオ2022でも十分満足できますよ。


さらに今なら15%OFFで購入できるので、少しでも価格をおさえたい場合にも旧モデルはピッタリ♪

ただし、最新モデルの発売により旧モデルは製造終了しているため、在庫限りの販売になっています。

人気カラーはすでに完売しており、在庫も残りわずかなようなので、旧モデルが気になっている場合は早めの購入がおすすめですよ^^


▼走行性抜群で生後1ヶ月から使える!
今なら15%OFFで購入できるサイベックスメリオ2022はこちら♪

サイベックスメリオ2023と旧モデルの共通の機能や特徴

サイベックスメリオ2023と旧モデルの共通の機能や特徴は、以下の5つになります。

  • 抜群の走行性
  • 両対面式のシート
  • 対面・背面どちらでも折りたたむことができる
  • 収納バスケット
  • メッシュ素材のシート

それぞれについて詳しくお伝えしていきますね♪

抜群の走行性

サイベックスメリオ2023と旧モデルには、前輪に”エストラマー“、後輪には”サスペンション“が搭載されています。

引用元:サイベックス公式サイト

エストラマーは段差などの衝撃を吸収する役割があり、サスペンションは凸凹道などの振動を吸収する役割があるので、安定した走行ができるのはもちろん、乗り心地も快適です。

少しの段差なら、ベビーカーを持ち上げることなく乗り越えることができますよ♪


また、すべての車輪の左右2ヶ所に搭載されている”ボールベアリング”が、タイヤの回転をなめらかにしてくれるので、小回りがきいて操作しやすいのも嬉しいポイント!



さらにメリオ2023と旧モデルは、押しやすさを追求した”ストレートフレーム構造”になっています!

引用元:サイベックス公式サイト

ハンドルを押した力がそのままホイールに伝わり、少しの力でスムーズに走るので、長時間押していても疲れにくくなっています。

お子さんが成長しても、軽い押し心地や操作性がずっと変わらないのもメリオの魅力のひとつですね^^

両対面式のシート

サイベックスメリオ2023と旧モデルは、シートが付け替えられる両対面式のベビーカーとなっています。

引用元:サイベックス公式サイト

メリオはシート横にあるロゴマークのボタンを押してシートを取り外すことで、対面・背面の切り替えがカンタンにできますよ♪

一般的なベビーカーに多いハンドルで進行方向を切り替えるタイプだと、タイヤが思い通りに動かなかったり、操作がスムーズにできないことがありますよね…。

メリオはシートの向きを変えることで対面・背面を切り替えるため、タイヤの進行方向は変わらず、スムーズに走行することができます。

お子さんの様子が見れて安心な対面式、外の様子が見れて楽しめる背面式と、お子さんの成長や様子によって切り替えれるのは便利ですよね^^


▼サイベックスメリオ2023はこちら♪
安定した走行性に便利な機能がたくさん搭載!
2月にリニューアルされた最新モデル!

▼サイベックスメリオ2022はこちら♪
軽いから持ち運びもラクラク!
在庫限りの特別セール中!

対面・背面どちらでも折りたたむことができる

引用元:サイベックス公式サイト

メリオの最新モデルと旧モデルは、対面・背面どちらでもコンパクトに折りたたむことができます

対面式だと折りたたむことができないベビーカーも多い中、わざわざシートを切り替える手間がいらないのはお子さん連れとって便利でうれしい機能ですよね♪

2アクションで簡単に折りたためてコンパクトなサイズになるので、玄関や車でもスペースをとらずに収納することもできます^^

メリオ2023と旧モデルの折りたたみ方は同じなので、気になる場合は以下の動画を参考してみてくださいね!

収納バスケット

引用元:サイベックス公式サイト

サイベックスメリオの収納バスケットは、積載重量5㎏最大容積38Lの大容量サイズ

間口がとても広く、前からも後ろからも荷物が取り出しやすいのがうれしいポイント♪

赤ちゃんとのお出かけはどうしても荷物が多くなりがちですし、オムツなどの嵩張るものを買ってもしっかり収納できるので安心ですよ。

”収納バスケットだけでは足りないかも…”と心配な場合は、収納バスケットとあわせてハンドルフックを使えばたくさんの荷物を運ぶことができるのでオススメです^^

ちょっとしたものをかけておくこともできますし、普段からベビーカーを利用してお買い物に行く機会が多いようであれば、持っておいて損はない便利なマストアイテムですよ♪

メッシュ素材のシート


サイベックスメリオのシートは通気性抜群のメッシュ素材を採用しているので、蒸し暑い時期でもベビーカーの上で赤ちゃんが快適に過ごすことができます。

サイベックスメリオ2023サイベックスメリオ2022
引用元:サイベックス公式サイト


通気性の高いメッシュ素材を使うことで、赤ちゃんの背中だけでなくベビーカー内の空気も循環するので、汗をかいても蒸れにくく環境なので快適ですよ。

お肌が弱く、体温調節がうまくできない赤ちゃんにとって、通気性がいいことはベビーカー選びの条件の中でも重要な要素の1つ!

熱がこもりにくく、通気性抜群なメリオのシートは、暑さ対策にもひと役買ってくれますね^^


▼サイベックスメリオ2023はこちら♪
大容量のショッピングバスケットで安心!
通気性に特化したシートで快適に過ごせる!

▼サイベックスメリオ2022はこちら♪
両対面シートで楽しくお出かけ!
折りたたみ方も簡単でコンパクトに!

サイベックスメリオ2023と旧モデルの違い まとめ

サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いを比較した上で、どちらがおすすめのベビーカーなのかということについてお伝えしました。

サイベックスメリオ2023と旧モデルの違いには、以下の6つがありました。

  • 一瞬で調節可能なベルトにリニューアル!
  • リクライニングが4段階にリニューアル!
  • ヘッドクッションが新素材に進化!
  • カラーラインナップが新たに1つ追加!
  • 重量が5.8kgから5.9kgへ
  • 価格の違い


どちらも両対面式のシートで折りたたみも簡単にでき、走行性の良さはまったく同じになります。

最新モデルでは、ワンプルハーネスやリクライニング機能が旧モデルとは大きく異なるので、便利な機能を求めていたりベビーカーの使用頻度が高い場合はサイベックスメリオ2023がおすすめですよ♪


一方、できるだけ価格を抑えたいという場合は旧モデルのメリオ2022を選ぶのがおすすめです^^

新機能や快適性、予算などからご自身に合ったベビーカーを選んでみてくださいね!


この記事がサイベックスメリオ2023と旧モデルの違いについて気になっているあなたの参考になれば幸いです♪


▼2023年2月にリニューアルメリオ最新モデルはこちら♪
ベルト調節が一瞬でできる便利なワンプルハーネスを新たに搭載!
豊富なカラーラインナップで好みの1台を♪

▼製造終了につき在庫限り!お得に購入できるメリオ旧モデルはこちら♪
段差や凸凹道もスイスイ押せる優れた走行性能!
在庫限りで残りわずかなので早めの購入がオススメ!