シナモンは妊婦に影響がある?食べてしまった場合大丈夫か知りたい!

マタニティ

甘い香りのするシナモンは、パンやお菓子、紅茶などのアクセントに使われることが多いスパイスの一種です。

世界最古のスパイスとも言われ、独特の香りから『スパイスの王様』とも呼ばれるシナモンは、アップルパイやシナモンロール、シリアルなど意外と身近な食べ物にも使われています。

気にしていないと知らぬ間に食べてしまったなんてこともありますが、妊娠中にシナモンを摂取しても大丈夫か気になりますよね。

今回はシナモンは妊婦に影響があるのか、食べてしまった場合は大丈夫なのかをご紹介します!

シナモンは妊婦に影響がある?

結論から言うと、シナモンは適量であれば妊婦さんが摂取しても大丈夫です。

ただし、大量摂取やシナモンのサプリメントを摂取することはやめましょう

シナモンは、クスノキ科の樹木の内樹皮を乾燥して作られる香辛料でのことです。

その中でもカシアの樹から作られるシナモンは、肝臓に有害な芳香成分の一種である『クマリン』を多く含んでおり、大量に摂取してしまうと肝障害を起こしてしまうというリスクがあります。

2006年にドイツ連邦リスク評価研究所は、シナモンの主要な成分であるクマリンの毒性を考慮し、1日あたりの最大摂取量を体重1kgあたり0.1 mgとすることを推奨するとしています。

さらにシナモンには『シンナムアルデヒド』と言われる芳香成分も含まれており、妊婦さんにとってリスクになる可能性があるので注意が必要と警告しています。

内閣府食品安全委員会:食品安全関係情報詳細

シナモンは主に『カシア』と『セイロン』という樹から作られています。

カシアの樹から作られるシナモンはクマリンを多く含みますが、セイロンシナモンはクマリンの含有量が少ないため、妊婦さんが摂取するならばセイロンシナモンの方がおすすめです。

スパイスや食品からシナモンを適量摂取している分には問題はありませんが、サプリメントで摂取すると1日の摂取量を超えてしまう可能性があるので、妊婦さんはシナモンのサプリメントを摂取しないようにしましょう!

妊娠・出産・育児の情報サイト | ゼクシィBaby

シナモンはどれくらい摂取してもいいの?

シナモンをスパイスや食品から適量摂る分には問題ないと言えど、どれくらいの摂取量なら問題ないのか気になりますよね。

2007年度に東京都が行った調査によると、体重50kgの成人は1日に摂取できるシナモンの量は以下のようになっています。

セイロンシナモン 364.6g
カシア 1.5g
お菓子 253.3g
サプリメント 1.9g

東京都福祉保健局:食品安全FAQ

香辛料などから摂取した場合の1日当たりのシナモンの量は0.3gお菓子などから摂取した場合の1日当たりのシナモンの量は28.4gであるとの調査結果から、上記の表に当てはめると適量を摂取している分には全く問題がないと言うことになりますね♪

そのためシナモンロールやアップルパイ、シナモンティーなどは、適量であれば妊婦さんでも食べても大丈夫ですよ。

妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を隔月で発刊し、会員の妊婦さんのご自宅まで無料でお届け!

妊婦がシナモンを食べる時の注意点は?

今までお伝えしてきたように、シナモンは妊婦さんに取って食べすぎに注意が必要な食べ物の1つです。

ウコンやターメリック、シナモンやナツメグといった香辛料やパイスの過剰摂取は、流産・早産を引き起こす可能性があるため注意が必要とされています。

また、シナモンは人によってはシナモンアレルギーを引き起こす可能性があります

シナモンを食べた後にじんましんや発疹、口の中の痒みや痛みなどの症状が出たり、少しでも体調がおかしいと感じたら医療機関を受診しましょう。

今までシナモンの怖いところばかりお伝えしてきましたが、実はシナモンは妊婦さんにとって嬉しい働きをしてくれるスパイスだったりもするんですよ!

シナモンは主にビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などを栄養素として含んでいます。

ビタミンに加えてミネラルも豊富に含むので、適切な摂取量さえ守れば妊婦さんに取って必要な栄養が摂れちゃう優秀な食材でもあるんですよ。

さらにシナモンには妊婦さんのとって嬉しい、身体を温める効果やリラックス効果もあります。

妊娠中にシナモンを摂取する場合は、少量を香りづけ程度に楽しむようにして、少量を言えど毎食使用したりしないようにしましょうね!

先輩ママのような温かさでサポート!『ゼクシィBaby』

まとめ

シナモンの摂取は妊婦さんに影響があるのか、そして食べてしまった場合大丈夫なのかをご紹介しました。

シナモンは妊婦さんにとって食べすぎには注意が必要な食べ物の1つですが、適量を摂取する分には問題はありません。

それどころか、シナモンは適量であれば妊婦さんに取って必要な栄養素が摂れる上に、身体を暖めてくれたりリラックスできるといった嬉しい効果があります。

妊娠中は食事制限なども多く、普段何気なく食べてるものでも大丈夫なのか気になりますよね。

シナモンは食べ過ぎなければ問題ない食品の1つですが、それでも気になる場合は控えるのも1つです。

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、ストレスなく食事も妊婦ライフも楽しめるのが1番ですね♪

タイトルとURLをコピーしました