妊娠中に生ハムを食べてしまった!国産のものや加熱したら大丈夫?

マタニティ

妊娠中に避けたほうが良い食べ物の種類は分かりますか?

加熱処理されていないチーズや生の魚介類などは、妊婦さんは食べないほうが良いとされていますよね。

生ハムも妊娠中に気を付けなければならない食べ物のひとつです。

「妊娠中にうっかり生ハムを食べてしまった!」

「赤ちゃんへの影響は?」

「国産の生ハムだったら妊娠中でも大丈夫?」

「加熱すれば食べてもいいの?」

と、疑問に思う人もいるでしょう。

そこでこの記事では、

  • なぜ妊娠中に生ハム食べてはいけないのか
  • 妊娠中に生ハムを食べてしまった時の対処法
  • 国産の生ハムはたべてもいいのか
  • 生ハムは加熱処理したら食べてもいいのか

ということについてご紹介していきます。

妊娠中に生ハムをついうっかり食べてしまったと心配している妊婦さんや、妊娠中に生ハムを食べることの危険性と食べ方について知りたい妊婦さんはぜひ参考にしてみてくださいね!

妊娠中に生ハムを食べてはいけない理由

生ハムをはじめ、ナチュラルチーズやスモークサーモンなどを免疫機能が下がっている妊婦さんが食べると、細菌や寄生虫によって食中毒を起こす可能性があります

生ハムは「リステリア菌」という細菌や、「トキソプラズマ」という寄生虫に汚染されている可能性があるため注意が必要です。

感染するとお腹の赤ちゃんに影響が出ることもあるので、妊娠中は生ハムを食べないほうが良いでしょう。

リステリア菌が妊婦に及ぼす影響

リステリア菌は川や動物の腸内など、私たちの暮らす環境の中に広く存在している細菌です。


加熱することで死滅させられますが、冷蔵庫で保存していてもリステリアは死滅することなく増殖します


また塩分に強いため、塩漬けしても菌が増えてしまう可能性があることがリステリア菌の特徴です。


健康な人がリステリア菌に感染しても重症化することは少ないのですが、重症化した場合は致死率が高くなるので注意が必要です。


妊婦さんがリステリア菌に感染すると発熱や寒気、筋肉痛などインフルエンザのような症状が出ることがあります。


免疫力が下がっている妊娠中は、髄膜炎や敗血症など重症化してしまう可能性も……


妊婦さんが無症状であってもお腹の赤ちゃんに感染してしまうことがあり、その場合は流産や死産に至ってしまう可能性があるのでとても怖い感染症です。

トキソプラズマが妊婦に及ぼす影響

トキソプラズマはあらゆる動物の体内に存在する寄生虫です。


目や口からトキソプラズマが体内に入り込むと、トキソプラズマ症にかかってしまうことがあります。


健康な大人がトキソプラズマに感染してもほとんどが無症状です。


しかし免疫力が低下している妊娠中は、発熱やだるさといった症状が出ることがあります。


妊婦さんがトキソプラズマに感染した場合、胎児にも影響が出て先天性トキソプラズマ症にかかってしまうこともあるので注意してください。


妊娠後期になるほど赤ちゃんに影響が出る確率が上がり、妊娠初期ほど重症化するリスクが高くなっていきます。


赤ちゃんへは発達の遅れや早産・心臓や肺の炎症・小頭症など、さまざまな症状が出る可能性があるのです。


トキソプラズマもリステリア菌と同じように、しっかりと中心まで火を通すと死滅させることができます


また、主に猫の体の中で増えて糞を介して動物に感染するので、猫のトイレのお世話もなるべく避けたほうが良いでしょう。

妊娠中に生ハムを食べてしまった時の対処法は?


妊娠中に生ハムを食べてはいけないことを知らずに、うっかり食べてしまった時の対処法についてご紹介します。

リステリア症

リステリア症は、免疫力が低下している妊婦さんは、通常の人に比べて約20倍も感染しやすく重症化もしやすいので注意が必要です。


上記でもお伝えしましたが、感染すると38〜39℃の高熱や頭痛、嘔吐や下痢などのインフルエンザに似た症状がみられ、重症化した場合の致死率は20〜30%と高いことが特徴です。


発症までは早いと6時間後〜10日後、髄膜炎や敗血症などの重い症状が出現するまでには3〜70日後となっています。


リステリアに感染した場合、早めに抗生物質を服用することでお腹の赤ちゃんへの感染を防いだり、妊婦さん自身の治療をすることができます


その為、生ハムを食べて少しでも体調に異変を感じた時は早めにかかりつけの病院を受診して下さい。


また、体調に異変がなくても生ハムを食べてしまった事に気づいて不安に感じている場合も、かかりつけの病院を受診して医師からのアドバイスを受けることをおすすめします。

トキソプラズマ症

トキソプラズマに感染すると発熱やだるさ、リンパの腫れなど、風邪のような症状がみられます。


トキソプラズマに感染してすぐであれば、抗生物質の服用によりお腹の赤ちゃんへの感染する確率を下げることができます


そのため、生ハムを食べてから風邪のような症状がみられた場合は、すぐにかかりつけの病院を受診しましょう。


ただし、トキソプラズマ症は発症するまでの潜伏期間が5〜20日と長いため、不安な場合は生ハムを食べてしまったことに気づいた時点でかかりつけの病院へ行き、医師に相談することをおすすめします。


妊娠中にうっかり生ハムを食べてしまった時は、症状のあるなしに関わらず、かかりつけの病院で医師に相談しておくと安心ですよ。


妊婦さん自身になにも症状がなくても、お腹の赤ちゃんへの先天性トキソプラズマ症の可能性を考えて、病院で検査を受けておくのもおすすめです。

国産の生ハムは食べても大丈夫?

国産の生ハムは細菌の検査や衛生管理が徹底されているので、海外の生ハムに比べて安全だとされています。


そのため、妊婦さんが食べても問題ないとしている国内メーカーもあります。


しかし、100%菌が存在せず安全だとは言い切れません


厚生労働省も「妊娠中に避けたほうが良い食べ物」として生ハムをあげています。


★厚生労働省:これからママになるあなたへ


保存方法によっては菌が発生・増殖する可能性があるので、国産の生ハムであっても妊娠中は食べないほうが良いでしょう。

生ハムは加熱すれば妊娠中でも食べられる?


生ハムはしっかりと中まで加熱すれば妊娠中でも食べられます


リステリア菌もトキソプラズマも熱に弱いため、中心部までしっかり加熱してから食べるようにしましょう


火を通すと生ハムは固くなってしまいますが、パスタなどの具材として取り入れれば塩味がきいておいしいですよ♪


念のため生ハムを扱った箸や調理器具は他と分けることをオススメします。


生ハム特有のやわらかい食感が好きな人も多いと思うので、生のまま食べられないのは残念ですが、大切な赤ちゃんを守るためにも生ハムは加熱して食べるようにしましょう。


ただし、生ハムは塩分が高いので食べすぎには注意してくださいね!

まとめ

妊娠中に生ハム食べてはいけない理由や妊娠中に生ハムを食べてしまった時の対処法、国産の生ハムや加熱処理したら食べてもいいのかについてご紹介しました。


国産の生ハムの場合、安全管理が徹底されているため食べても大丈夫と思っている方もいるかと思います。


しかし、確実に食中毒にならないとは言い切れません。


万が一リステリア菌やトキソプラズマに感染してしまったらお腹の赤ちゃんに影響が出ることもあります。


お腹の赤ちゃんを守るためにも、生ハムを妊娠中に食べることは控えるようにしましょう。


もし妊娠中に生ハムを食べてしまっても、国産の生ハムは安全性が高いのでそこまで神経質にならず、心配ならメーカーへ問い合わせたり、病院を受診するなどの対応をしてください。


感染症は怖いですが、ビクビクしすぎてストレスを溜めるのも妊婦さんには良くないですよね。


調理の工夫をしたり、安全なものをおいしく食べて適度にストレス発散しましょうね!

タイトルとURLをコピーしました