当サイトはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

妊娠中にスタバのホワイトモカは飲める?カフェインや糖質の量はどれくらい?

マタニティ


妊娠中でもスタバのホワイトモカが無性に飲みたくなることってありますよね。


ただ、妊娠中はカフェインを控えなければならないというし、スタバのホワイトモカには一体どれくらいのカフェインが入っているのか気になりますよね。


さらに妊娠心中は体重管理も必要なので、スタバのホワイトモカのカロリーや糖質の量、飲み方の注意点やおすすめのカスタムも知りたいところですよね。


そこでこの記事では、妊娠中にスタバのホワイトモカは飲めるのか、カフェインや糖質の量に加えて、飲み方の注意点やおすすめのカスタムについてもご紹介します!

 妊娠中にスタバのホワイトモカは飲める?


結論からいうと、妊娠中でもスタバのホワイトモカを飲むことはできます


ただし、妊娠中にカフェインが入った飲み物を飲む際は、飲み方や飲む量に注意する必要があります。


妊娠中にカフェインをとりすぎることは、お腹の赤ちゃんの成長をさまたげたり、悪い影響を及ぼす可能性があることから飲み方や飲む量には注意が必要なんですね。


世界保健機関(WHO)は、妊婦さんに対してコーヒーの1日の摂取量を3~4杯までにすべきとしています。


★参考:WHO「妊娠中と授乳中の健康的な食事について


英国食品基準庁(FSA)は、妊娠中のカフェイン過剰摂取により低体重の赤ちゃんが生まれたり、将来的な健康リスクが高くなる可能性があるとして、1日あたりのカフェイン摂取量をマグカップ2杯程度のコーヒーに相当する200mgに制限することが望ましいとしています。


★参考:FSA「妊婦のカフェイン摂取制限に関するアドバイス


妊娠中は体重管理も重要で、糖質やカロリーをとりすぎると体重増加や肥満の原因になってしまいます。


スタバのホワイトモカはカロリーが高いため、飲み過ぎると糖質の過剰摂取やカロリーオーバーで、あっという間に体重が増えてしまいます。


妊娠中に太ることで、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの合併症を引き起こしたり、難産になるリスクも高くなってしまうので注意が必要です。


そのため妊娠中にスタバのホワイトモカを飲む時は、カフェインやカロリーなどに気をつけて適量を楽しむようにしましょう!


ただ、スタバのホワイトモカのカロリーや、どれくらいのカフェインが含まれているのかわかりませんよね。


そこで次にスタバのホワイトモカに含まれるカフェインや、カロリーについてもご紹介します!

スタバホワイトモカのカフェインや糖質の量はどれくらい?


スタバのホワイトモカは、ショート・トール・グランデ・ベンティの4サイズ全てが注文でき、ホットかアイスかを選ぶことができます。


ホワイトモカのカフェイン含有量は以下のようになっており、ホットもアイスも同じことがわかりますね。

サイズカフェイン含有量(HOTICE
Short80mg /80mg
Tall80mg /80mg
Grande160mg /160mg
Venti239mg /239mg


妊婦さんに推奨される一日当たりのカフェイン摂取量は200mg以下なので、他にカフェインを含む食べ物や飲み物をとらなければ、ホワイトモカはグランデまでなら頼んでも大丈夫ということになりますね!


また、ショートとトールは同じカフェイン量なので、たっぷり飲みたいならトールを注文した方がいいと感じるかもしれません。


ただし、ホワイトモカのショートとトールのカフェイン量は同じでも、カロリーが異なるので注意が必要です。


妊娠中は体重管理も大切なので、カフェインばかりに気をとられてカロリーを気にしないでいると、カロリーオーバーになってしまう可能性があります。


ホワイトモカのサイズごとのカロリーは以下のようになっており、グランデのホットを頼むと500キロカロリーを超えてしまいます。

サイズ糖質(HOTICEカロリー(HOTICE
Short30.9g /27.5g272kcal /188kcal
Tall46.4g /38.8g401kcal /253kcal
Grande61.3g /51.6g516kcal /332kcal
Venti76.0g /62.1g620kcal /380kcal


ご飯1合のカロリーが約537カロリーなので、ホワイトモカのグランデはご飯1合分のカロリーに匹敵するということです!


そのためスタバのフードも一緒にたのむと、あっという間に1食分のカロリーをオーバーしてしまうことに…


ホワイトモカはホットの場合ホイップがトッピングされていますが、アイスはホイップがついていないため、そのぶんカロリーが低めです。


そのため、カロリーが気になる場合はアイスを頼むのがおすすめですよ♪


身体を冷やさないように気をつけながらゆっくり飲むと、満腹中枢が刺激されてお腹も満たされるので試してみてくださいね。


ただ、妊娠中は身体を冷やしたくないからホットで飲みたいという場合は、カロリー控えめのホワイトモカにカスタムするのも1つ!


そこで次に、妊娠中におすすめのホワイトモカのカスタムについてご紹介しますね♪

スタバホワイトモカのおすすめのカスタムは?


甘くておいしいホワイトモカですが、妊娠中はカフェインやカロリーが気になりますよね。


そこで妊娠中におすすめのホワイトモカのカスタムについてご紹介します!

デカフェに変更(+50円)


妊娠中にカフェインを200mg程度ならとっても大丈夫とわかりつつも、お腹の赤ちゃんのことを考えるとできるだけ控えたい、という妊婦さんも少なくないですよね。


そんな時は99%カフェインをカットしたデカフェに変更するのがおすすめです!


スタバのドリップコーヒーやエスプレッソを使ったドリンクは、50円(税抜)の追加料金を支払えばデカフェに変更することができます。


スタバのデカフェは薬品を一切使用せず、二酸化炭素と水だけでカフェインを除去しているため、コーヒーの風味が損なわれず、体にも安全なので妊娠中でも安心して飲むことができるんですよ♪


妊娠中におすすめなスタバのデカフェドリンクについては、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね♪

ミルクを変更


スタバでは、好みのミルクを選んでカスタムすることができます。


通常はスターバックスミルクが使われていますが、それ以外の6種類のミルクに変更することでカロリーを調整できますよ♪


それぞれのミルクに変更した場合、ホワイトモカのカロリーは以下のようになっています。

無料カスタムカロリー(HOTICETallの場合
ミルク401kcal /253kcal
無脂肪ミルク331kcal /217kcal
低脂肪タイプ366kcal /235kcal
有料カスタム(税抜+50円)
ブレべミルク834kcal /473kcal
オーツミルク393kcal /249kcal
アーモンドミルク343kcal /223kcal
豆乳389kcal /247kcal
※Tallの場合のカロリー


ブレべミルクは、ミルクとコンパウンドクリームを1:1の割合で混ぜたもので、濃厚クリーミーな味わいで甘みがありおいしいですが、カロリーが高いので注意が必要です。


ホットのホワイトモカをブレべミルクに変更すると、834キロカロリーになってしまうのには驚きですよね!


そのため妊娠中でカロリーが気になる場合は、ブレべミルクにカスタムすることは控えるようにしましょう。


最もカロリーが低いのが無脂肪ミルクなので、カロリーが気になる、サラッとしたドリンクが飲みたい、というときに変更するのがおすすめですよ♪


アーモンドミルクや豆乳、オーツミルクは有料になりますが、おいしいのにカロリーが低く、タンパク質やビタミンE、食物繊維などの栄養素までとれちゃうのが嬉しいメリットです!


そのため、カロリーが気になるなら無脂肪ミルク、カロリーをおさえつつ栄養も取りたいという場合はアーモンドミルクや豆乳、オーツミルクにカスタムするのがおすすめですよ♪

  • カロリーが気になる ⇨ 無脂肪ミルクに変更
  • カロリーをおさえつつ栄養も取りたい ⇨ アーモンドミルクや豆乳、オーツミルクに変更

シロップやソースの量を変更


スタバのシロップやソースの量は、好みにあわせてカスタムすることができます。


シロップやソースは無料で2倍まで増量できたり、減量や抜きにもできるので、甘みを変えたいときやカロリーを調整したい時におすすめですよ。


ホワイトモカはホワイトモカシロップが入っており、スタバのドリンクの中でも甘めのドリンクの1つです。


そのためシロップを減量してカロリーを減らしても、甘さはしっかり感じられるので、妊娠中にカロリーが気になる場合にシロップの減量はおすすめのカスタムですよ!


ホワイトモカのカロリーをできるだけ少なくしたい場合、無脂肪ミルクに変更してシロップを減量すると低カロリーホワイトモカの完成です♪


ホットのおすすめ低カロリーカスタムは、無脂肪ミルクに変更してシロップ減量ホイップクリームをなしにするかわりにキャラメルソースをトッピングするというもの!


カロリーを減らしながらも、キャラメルソースの甘みがホワイトモカシロップの甘みになじんで相性抜群です!


シロップの種類を変更する場合は無料、シロップを新たに追加する場合はプラス50円(税抜)で変更できますよ。

  • シロップの追加  ⇨ +50円
  • シロップの変更  ⇨ 無料
  • シロップの増量  ⇨ 無料(2倍まで)
  • シロップの減量  ⇨ 無料
  • シロップ抜き   ⇨ 無料
  • ソースの追加   ⇨   無料


シロップの種類とカロリーは以下のようになっているので、参考にしてくださいね!

シロップの種類カロリー
バニラシロップ20Kcal /1ポンプ
キャラメルシロップ20Kcal /1ポンプ
チョコレートシロップ52Kcal /1ポンプ
ホワイトチョコレート(モカ)シロップ52Kcal /1ポンプ
クラシックシロップ21Kcal /1ポンプ
チャイシロップ102Kcal /トールサイズ
バレンシアシロップ(夏季限定)20Kcal /1ポンプ
キャラメルソース17Kcal /トールサイズ
チョコレートソース13Kcal /トールサイズ


カロリーが気になるときはシロップを少なめや抜きにしたり、久しぶりのスタバだから思う存分楽しみたいときはカロリーを気にせず好みにカスタムしたりして楽しんでみてくださいね♪

妊娠中にスタバのホワイトモカは飲める?カフェインや糖質の量 まとめ


妊娠中にスタバのホワイトモカは飲めるのか、さらにはカフェインや糖質の量と一緒に、飲み方の注意点やおすすめのカスタムについてもご紹介しました。


妊娠中でもスタバのホワイトモカを飲むことはできますが、カフェインやカロリーに気をつけて飲む必要があります。


ホワイトモカのカフェインやカロリーが気になる場合は、デカフェに変更したりシロップを減量するなどカスタムして飲むのがおすすめです。


濃厚な甘さで、コーヒーが苦手な人でも飲みやすいスタバの「ホワイトモカ」は、妊婦さんでも安心して飲めるビバレッジなので、お気に入りのカスタムを見つけて楽しんでみてくださいね!