当サイトはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

妊娠初期に食べ過ぎてお腹パンパン!苦しいときの解消方法と対策は?

妊娠初期に食べ過ぎてお腹パンパン!苦しいときの解消方法と対策は? マタニティ

妊娠初期に食べ過ぎてしまい”お腹パンパンで苦しい!”ということは、多くの妊婦さんが経験しています。


お腹パンパンで苦しいのは、妊娠初期に食べ過ぎてしまったことが原因と思いがちですが、実は体の中で起こっているさまざまな変化も関係しています。


なぜ妊娠初期にお腹が苦しくなるのか、原因や解消方法、効果的な対策なども知りたいですよね。


そこでこの記事では、妊娠初期に食べ過ぎてお腹パンパンになる原因や解消方法、効果的な対策についてご紹介します。


妊娠初期に感じるお腹の張りで苦しいと感じていたり、食べ過ぎに気をつけたいと思っている妊婦さんはぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

\ 命をはぐくむママに必要な栄養素が手軽にしっかりとれる /

▶︎ 1食の量が決まっていて低カロリー!食べ過ぎ防止にも◎

▶︎ お腹が苦しいときの料理はレンジにお任せ♪

▶︎ 鉄分と葉酸がたっぷり入った「プレママ向けプラン」と、授乳期に必要な栄養素がバランスよくとれる「育児ママ向けプラン」の2種類から選べる!

妊娠初期の食べ過ぎでお腹パンパンになる原因は?


妊娠初期はホルモンバランスが大きく変わるため、妊娠前と妊娠後では体調や身体に大きな変化がおこります。


そのため、普段よりも少ない食事でもお腹がパンパンになって苦しいと感じたり、妊娠中のホルモンバランスの変化で腸の動きが悪くなったり便秘にもなりやすいことから、お腹がパンパンに張ってしまうこともあります。


腸内の環境が悪くなるとお腹の中でガスが多く発生してしまい、腸の動きがにぶることで発生したガスが停滞してしまうので、お腹がパンパンに張って苦しく感じてしまうことも…。


もちろん、食べ過ぎが原因でお腹がパンパンになることもあります。


妊娠初期には普段よりも消化に時間がかかるため、食べ過ぎるとお腹がパンパンになってしまうんですね。


また、食べ過ぎにより胃や腸が圧迫されることも、お腹がパンパンに張っていると感じる原因になります。


妊娠初期はお腹の赤ちゃんのために、子宮の筋肉が伸縮したり大きくなることでお腹の張りを感じることもよくあるんですよ。


強い痛みや出血がなければ特に心配はありませんが、いつもと違うと感じる場合には念の為かかりつけの病院に連絡するなどしてみてくださいね!

こちらの記事では、妊娠中期お腹がパンパンになって苦しいと感じてしまう原因対処法についてご紹介しているので、これから中期を迎える妊婦さんはぜひ読んでみてくださいね!
⇨ 妊娠中期にお腹パンパンで苦しい!妊娠中に食べ過ぎた時の対処法は?

妊娠初期の食べ過ぎによるお腹パンパンを解消する方法は?


妊娠初期にお腹がパンパンになる原因は分かりましたが、次に気になるのが解消方法ですよね。


食べ過ぎてお腹がパンパンな状態を解消するには、ゆっくりと休息をとることが大切です。


上記でもお伝えしたとおり、妊娠初期には普段よりも消化に時間がかかるため、動くことで胃や身体に負担がかかり消化不良の原因になります。


「食べ過ぎたから動かないと!」と一生懸命動くのはかえって逆効果なので、体をやすめて胃や腸にかかる負担を減らし、消化しやすいようにしてあげてくださいね!


また、食べ過ぎてしまった時は消化を進めるために、白湯や麦茶などの胃腸を刺激しない飲み物を飲むこともおすすめです。


あわせてお腹が苦しいときはマッサージすることも効果的!


手のひらを使ってマッサージすると、胃腸の動きが良くなりお腹の張りが改善することがあります。


妊娠初期の食べ過ぎによるお腹パンパンを解消するためにも、ご紹介した方法を参考にしてみてくださいね♪


次に、妊娠初期に食べ過ぎてお腹がパンパンになることを防ぐための、効果的でカンタンな対策についてお伝えします!


\ お腹が苦しいときはお料理せずにゆっくり休める /

妊娠初期に食べ過ぎてお腹パンパンにならないための効果的な対策は?


妊娠初期に食べ過ぎて、お腹がパンパンで苦しくなってしまう妊婦さんににむけて、ここでは食べ過ぎないためのカンタンで効果的な対策についてご紹介します!

食べ方や食事の内容を見直す


食べ過ぎてお腹がパンパンにならないように、食べる量を調整してお腹に負担をかけないことが大切です。


1回の食事でたくさん食べないように、小分けにして食事の回数を増やすことで、お腹がパンパンになる事や食べ過ぎを防止します。


さらに食事をするときは、少しずつゆっくりよく噛んで食べるようすることで、消化を助けて胃腸にかかる負担を軽くしてくれる上にお腹も満たしてくれるのでオススメですよ♪


栄養バランスのいい食事は体の調子を整え、消化や吸収も助けてくれるので、お腹の赤ちゃんや妊婦さん自身のためにも「主食+主菜+副菜」を意識した食事をとってみてくださいね!


妊娠中は体調がすぐれないことも多く、栄養バランスを考えた食事を作ることが大変なときもありますよね。

お腹が苦しくてつらいときでもママの休食を利用していれば、お料理をせずに身体をゆっくりと休めることができますよ。


ママの休食は文字通り”ママが休むこと”と、”給食のように栄養バランスのとれた食事を食べてほしい”という思いから生まれた宅食サービスです。


葉酸鉄分がたっぷり入った「プレママ向けプラン」と、タンパク質ビタミンなどの栄養素がバランスよくとれる「育児ママ向けプラン」の2種類があるので、産前・産後にあった栄養素をしっかりとることができます。

また、ママの休食は冷凍で届くため、保存期間は3ヶ月最長1年と長く、食べたいときにレンジでチンすれば完成するお手軽さもうれしいポイントです^^


保存料や食品添加物を一切使用していないので、妊婦さんはもちろん、小さなお子さんも安心して食べることができます。


命をはぐくむママに必要な栄養素がたっぷり詰まったママの休食は、1食の量が決まっていて低カロリーなので、食べ過ぎ防止体重管理にも役立ちますよ。


体調が優れず、買い物やお料理が大変なときのお守りがわりに、ママの休食を利用してみてはいかがでしょうか^^


\ 栄養もおいしさも休息もとれるママのためのお弁当 /

水分を意識的にとる


妊娠中は食事をのぞいて1日に1.5~2リットルの水分をとる必要があり、通常に比べて多くの水分が必要になります。


そのため、妊婦さんは意識的にこまめな水分補給をする必要がありますが、適切な水分補給は消化を促進してくれるのでオススメです♪


さらに水分を意識的にとることで、便秘の予防や「なんとなく食べたいな…」という欲求をおさえてくれるため、お腹がパンパンになることを防ぐのに効果的です!


妊娠中に適切な水分摂取を行うことで、むくみを防いだり代謝もよくなるなど良いことづくめ♪


これを機に、妊娠中は意識的に水分補給をするようにしてみてくださいね!

適度な運動をする


体調がいいときは適度な運動をすることも、お腹パンパンを防ぐのに効果的な対策の1つ!


適度な運動は血液の循環をよくするので、お腹の張りをやわらげてくれる効果があります♪


血行がよくなることはお腹の赤ちゃんにもいいことなので、お天気のいい日にはリフレッシュやストレス発散もかねてお散歩に出かけるなど、身体を動かしてみてはいかがでしょうか?


妊娠中なので激しい運動は禁物ですが、お腹がパンパンになるのを防ぐためにも体調がいいときにはウォーキングやストレッチなどの軽い運動を意識して行うようにしましょう!

ストレスをためずリラックスする


妊娠中はストレスをためない、リラックスするということも重要です。


ストレスや疲れがたまると、消化機能がおちたりお腹が張りやすくなるので、ゆっくりと深呼吸をする、お風呂につかる、好きな音楽をきくなど、自分に合ったリラックス方法を見つけて実践してみましょう!


大切なお腹の赤ちゃんのためにも、妊娠期間中はストレスをためずリラックスをすることは大切です。


妊娠中は体調がすぐれないことも多く、ストレスもたまりがちですが、上手にリフレッシュしてストレスを発散したり、のんびりリラックスしておだやかな時間を過ごしてみてくださいね♪


\ たまにはお料理をお休みしておいしいご飯でリラックス /

妊娠初期に食べ過ぎてお腹パンパン!苦しいときの解消方法と対策は? まとめ


妊娠初期に食べ過ぎて、お腹パンパンで苦しいときの解消方法と効果的な対策をご紹介しました。


妊娠初期にお腹がパンパンで苦しくなる原因は、食べ過ぎ以外にも妊娠によるホルモンバランスの変化も関係しています。


ご紹介したお腹の張りを解消する方法や、お腹がパンパンにならない対策をすることで、妊娠初期の不快なお腹の症状をやわらげてみてください。


ただし、お腹の張りが続く場合や痛みや出血など、いつもと違う症状がある場合は、すぐに病院を受診するなどして下さいね。


妊娠初期のお腹がパンパンになる原因や解消方法を知り、対策をしっかりと行うことで、快適なマタニティライフを過ごしてくださいね♪


\ 産前・産後にあった栄養素が手軽にしっかりとれる /