スタバのほうじ茶ラテは妊娠中でも大丈夫? カフェインやおすすめのカスタムは?

マタニティ

スタバで隠れファンが多いほうじ茶ラテは、香り豊かなほうじ茶にミルクと甘いシロップが入ったドリンクです。

日本発&日本限定販売のほうじ茶ラテは、ほうじ茶の香ばしい香りが漂う甘さ控えめのビバレッジでとても美味しいですよね!

そんなほうじ茶ラテですが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、ほうじ茶のカフェインはどれくらいなのか気になりますよね。

さらにカフェインだけでなく、カロリーも気になる妊娠中におすすめのカスタムも気になるところです。

そこで今回は、スタバのほうじ茶ラテは妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、そしてカフェインやおすすめのカスタムについてご紹介します!

スタバのほうじ茶ラテは妊娠中に飲んでも大丈夫?

結論から言うと、妊娠中にスタバのほうじ茶ラテを飲んでも大丈夫です。

ただし、ほうじ茶にはカフェインが含まれているので、妊娠中にカフェインの入った飲み物を飲む場合は、節度を守った飲み方が大切になります。

英国食品基準庁(FSA)によると、妊娠した女性に対してカフェインの摂取量を1日当たり200mg(コーヒーならばマグカップ2杯程度)にするように求めています。

参考:英国食品基準庁(FSA)

ただ、1日当たり200mg以下にカフェインの摂取量を抑えれば、妊娠中でもカフェインの入った飲み物を飲んでも良いと言うことです!

妊婦さんはお腹の赤ちゃんのためにも、リラックスする時間を作ってゆったり過ごすことはとても大切です。

そのため、ほうじ茶ラテの飲む量を決めて楽しむことは、妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんにとっても良いことなんですよ。

しかしそうは言っても、ほうじ茶ラテには一体どれくらいのカフェインが含まれているのか気になりますよね。

そこで、ほうじ茶ラテにはどれくらいのカフェインが含まれているのか、次で詳しくご紹介します!

先輩ママのような温かさでサポート!『ゼクシィBaby』

ほうじ茶ラテのカフェイン量は?

ほうじ茶ラテのカフェイン含有量は、トールサイズで約68mgとなっています。

ほうじ茶ラテはスタバのカフェインを含む飲み物の中ででも、カフェインが少ない飲み物の1つとなります。

そのため妊娠中の女性のみならず、授乳中の女性や胃が弱くてカフェインが苦手な人にもおすすめのドリンクです。

カフェインが少なめのドリンクは以下のものなので、ドリンク選びの際の参考にしてみてくださいね!

【カフェイン少なめのホットドリンク】 【カフェインの含有量】※Tall sizeの場合
ほうじ茶ティーラテ 約68mg
ココア 約20mg
チャイティーラテ 約45mg
カフェミスト(デカフェ) 約3.65mg

ちなみにお湯の温度や抽出時間によって変わりますが、ほうじ茶のカフェイン含有量は100ml当たり約20mgとなっています。

コーヒーは100ml当たり約40〜60mgのカフェインを含んでいるので、ほうじ茶のカフェインはコーヒーの2分の1〜3分の1であることがわかります。

ほうじ茶は少量のカフェインを含むため、妊婦さんが沢山飲むのは注意が必要ですが、ほうじ茶自体は体に良い飲み物です。

身体を温めたり、ほうじ茶の香ばしい香りにはリラックスする効果もあります。

そのため、ほうじ茶ラテが大好きな妊婦さんは息抜きやリラックスも兼ねて、スタバで自分好みにカスタムして楽しんでみてはいかがでしょうか♪

次に、妊娠中におすすめのほうじ茶ラテのカスタムについてご紹介します!

別の記事では、スタバの抹茶クリームフラペチーノのカフェインやカロリーについてご紹介しているので、是非読んでみてくださいね!
⇨ スタバの抹茶クリームフラペチーノのカフェインやカロリーはどれくらい?妊婦が飲んでも大丈夫?

妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を隔月で発刊し、会員の妊婦さんのご自宅まで無料でお届け!

ほうじ茶ラテのおすすめのカスタムは?

ほうじ茶ラテは、ローストしたほうじ茶特有の香ばしい香りと、スタバの温かいふわふわのミルクが混ざったまろやかで優しい甘さのドリンクです。

ほうじ茶ラテは『茶葉、お湯、クラシックシロップ、スチームミルク、フォームミルク』の5つの素材から作られています。

そんなほうじ茶ラテのおすすめのカスタムをご紹介しますね♪

カロリーが気になるから低カロリーにしたい

スタバでは6種類のミルクがあり、通常のミルクに加え、「低脂肪ミルク」「無脂肪ミルク」「豆乳」「アーモンドミルク」「オーツミルク」があります。

通常のミルクを使用した時より低カロリーに抑えたいなら、ミルクを「低脂肪ミルク」や「無脂肪ミルク」、「アーモンドミルク」、「オーツミルク」に変更するのがおすすめです。

ミルクの中でも無脂肪ミルクが最も低カロリーで、通常よりも約40キロカロリー減らすことができます。

無脂肪ミルクは脂肪分が含まれていない分、あっさりした飲み口になります。

さらにカロリーを抑えたい場合は、クラシックシロップ抜きにするとさらに約40カロリー減らせます。

妊娠中はカフェインだけでなくカロリーも気になるところですので、体重管理をしなければならない妊婦さんにおすすめです。

濃厚なミルクのコクを楽しみたい

あっさりした飲み口のほうじ茶ラテですが、ティーメニュー限定で「オールミルク」にカスタムすることができます。

ほうじ茶を抽出するお湯以外はミルクで作るため、濃厚なミルクのコクがあるほうじ茶ラテを作ることができます♪

ほうじ茶ラテの注文時にオールミルクに変更する旨を伝えると、無料でカスタマイズしてくれますよ。

有料(+55円)になりますが、ホイップを追加するとさらに濃厚で美味しい1杯ができます!

妊娠中でもたまにはカロリーを気にせず、濃厚なミルクのコクが感じられるほうじ茶ラテを飲みたい!という妊婦さんにおすすめのカスタムです♪

好みの甘みをプラスして楽しみたい

甘さ控えめのほうじ茶ラテに、お好みのシロップを追加するのもおすすめです。

スタバにはさまざまな種類のシロップやソースがあるので、好みのものをプラスすると甘いほうじ茶ラテを楽しむことができます。

キャラメルソースやはちみつ、ホイップもほうじ茶ラテと相性抜群!

はちみつは好きなだけ追加できるので、その時の気分でお好みの量をかけて甘みを調節することができます。

キャラメルソースとホイップをほうじ茶ラテにプラスするカスタムもとっても美味しいので、是非1度試してもらいたいです♪

クラシックシロップをホワイトモカに変更すると、ホワイトチョコレートの甘さをほんのり感じられますよ。

ミルクをブレべミルクに変更すると、甘くて濃厚なほうじ茶ラテの出来上がりです!

疲れた時や、甘くて濃厚な飲み物を飲みたい時におすすめのカスタムです♪

タンパク質もとれて体にも嬉しい豆乳カスタム

妊娠中は通常の時よりも栄養素を多く摂らないといけませんよね。

そんな時におすすめなのが、ミルクを豆乳に変更するカスタムです!

豆乳にはタンパク質や大豆イソフラボンが含まれているので、妊婦さんだけでなく、健康に気を使っている人や糖質制限をしている人にもおすすめです。

豆乳に変更すると、まろやかな優しい飲み口に変わります。

お好みでシナモンパウダーを加えるのもおすすめですよ♪

別のページでは、妊婦さんがシナモンを摂っても大丈夫かご紹介しているので、是非読んでみてくださいね!
シナモンは妊婦に影響がある?食べても大丈夫か知りたい!

妊娠・出産・育児の情報サイト | ゼクシィBaby

まとめ

スタバのほうじ茶ラテは妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、そしてカフェインやおすすめのカスタムについてご紹介しました。

ほうじ茶はカフェインを含む飲み物ですが、コーヒーよりもカフェインの量は少なく、妊娠中でも飲み過ぎに気をつければほうじ茶ラテを飲むことができます。

赤ちゃんが産まれると育児に追われて、しばらくはゆっくりスタバのほうじ茶ラテを楽しむことができないかもしれません。

そのため、カロリーやカフェインと上手に付き合いながら、妊娠中でも大好きなほうじ茶ラテでくつろぎの時間を作ってみてはいかがでしょうか。
妊婦さんがホッと一息ついたりストレス発散することは、お腹の赤ちゃんにとっても良いことです♪

自分で淹れるお茶もいいですが、たまにはスタバで自分好みにカスタムしたドリンクでティータイムを楽しんでみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました